セードーイチニョ 若き侍の為に

前回のお花の婚約指輪を作らせていただいた方から続いて結婚指輪のご依頼でした。

(内容は省きますが、奥様からお伺いした旦那様のお話はもうおもしろいの一言でしたw)

現代人とは思えないような強靭な精神力で、自分を厳しく律しながら生活を送っておられるその旦那様のことを考えていると1つの結論に至りました。

それは、彼はタイムスリップしてきた侍かもしれないと。

そして、この現代にやってきたその若き侍を、コミカルさとユーモアで支えておられる奥様の様子がなんとも微笑ましい関係だなと思いました。

かのトップオブサムライ宮本武蔵は言いました。

静動一如が大切だと。

セードーイチニョ(冷静に平常心を保ちつつ常にどのような状況になってもいいように動ける状態にしておくこと) (だから二刀流だったのかな...分からんけど)

旦那様は音楽を生業にされているので、個としてもセードーイチニョの考え方は大切だなと思うのと、お二人の関係はまさに静と動の関係性のように思えたので、セードーイチニョは2人で1つという意味もあります。

このテーマから 丸が動(奥様)を表し、四角が静(旦那様)を表す、セードーイチニョの二連リングを考えました。

素材はsilver925とK18yellow gold。

​過去の記事