top of page




旦那様から預かった1本目のプラチナの指輪。


その中には経験、記憶、感触、イイもワルイも詰まっていた。


なんでもかんでもスクラップアンドビルドする日本人の


風潮はどうも性に合わない。



僕に依頼をくださるまでこの指輪が残っていたということは


きっとそういうことなんだろうと進む方向が決まった。


1から指輪を作るのではなくこれを活かす。


そして過去とこらから先を含めた現在を


「対比」させるのではなく指輪の中に「共存」させたいと思った。



奥様は甘いものも苦いものもすっぱいものも辛いものも


すべて包み込んでしまうような心の大きな方でしたので


すべてまるっと包み込んでもらおうと考え、奥様の指輪


(ゴールド)で旦那様の指輪を包み込むようなデザインにした。


将来たこ焼き屋をやりたいとおっしゃっていたご主人の為に


たこ焼きのようなふんわり感を探りながら。


奥様は生地、旦那様は蛸、みたいな。



たこ焼きも指輪も火を入れながらまぁるくしていくという


意味では同じプロセスをふむ。



ジュエリーはもはや粉もんです。



末永くお幸せにー







Pt900,833yg

Comments


​過去の記事
bottom of page